きなり色の世界

縄文アレンジ

ザクザク織れる気持ちよさ。

・・・「JAPAN CONTEMPORARIES SERIES9」が始まりました。

(ニューヨーク Gallery 60 NYC)

現地の映像が送られてきます。

なんだか、実感が湧きません。

盛況を願っています。

ピンク色!

紫陽花の季節も終わり・・・

あら、こんなところに、木村晃之助様!

行司、木村晃之助の装束と同じ色だね~

彌彦、神社道で出合った、紫陽花。

タピストリーの棒

手間取る、タピストリー最後のお仕事

注文していた、タピストリーのアルミ棒が届きました。

アルミ棒は、近くの鉄屋さんに特別注文しています。

ていねいに仕上げてくれますので、本当に助かります。

最後のお仕事、頑張ります。

雨上がりの朝

下を向いて咲く小さなユリ

植木屋さんが、ツリバナの下に美しい緑色の苗を植えた。

そこから、細い茎がまっすぐ伸びて、可愛らしい花が咲いた。

ユリ科の植物かな。

薄紫の花弁が美しい。

きなり色の空

マクラメのためのスリット

今日の空も、きなり色。

雨が降る、降る。

・・・若い頃からの旧友が、数年前から私の展覧会に来てくれるようになりました。

彼女は、私の制作活動に興味を持ったことはないと思っていました。

展覧会を観ても、感想など一切話しません。

共通の友が、彼女に聞いたそうです。

「なんで、最近、川﨑の展覧会に行くの・・・」と。

「いいから。」と、一言。

これは、最高の誉め言葉です。

遊び心

浮き織と玉結び

「あなたの作品には、遊び心がない。」と40代の頃言われました。

作品は、その人そのものですから、私がガチガチだと言われたような気がして、

ずっと、「いましめ」として、頭にあります。

ずいぶん月日が流れて、作風も変わりました。

まだまだ、「遊び心」が足りないと感じます。

まだ高く飛べない、何か、足かせのようなものがあるようです。

あんまり高く飛ぶのは、ドキドキが止まらない!

雨と湿気

おもしろいものを織りたい!

ずっと雨降り。

高い湿度に、ビショビショです。

エアコンをつけると、足がだるくなるお年頃。

それでも、楽しすぎてやめられない手作業。

軌道に乗りました!

七夕ランチ

肉、です!

♪ささのはさーらさら~

七夕の日は手を休めて、豪華ランチに行って来ました。

美味しかった。